佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのサニー建設商事です

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

ベランダのトップコート塗装と、オートンイクシードでコーキングの打ち替え【施工日記】佐賀市神園I様邸 5月31日

はじめに

こんにちは。

佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」です。

本日は、佐賀市神園I様邸の5月31日の施工の様子を紹介していきます。

今回は、ベランダのトップコート塗装と、オートンイクシードでコーキングの打ち替えを行いました。

 

コーキングの劣化の様子

下の写真を見ると、コーキングが劣化しているのが分かります。

コーキングの役割は、外壁の揺れなどによる衝撃を吸収することですが、衝撃に耐えられなくなった結果、上の写真のようにひび割れてしまいます。

佐賀市は土壌が柔らかく、外壁が揺れを起こしやすいため、お家を長持ちさせるうえでコーキングの役割が大切になってきます。

 

施工の様子

まずは、コーキングの充填をしていきます。

下の写真のように、コーキングのプライマーを塗布していきます。

これを行うことで、新しいコーキングがしっかり密着するようにします。

 

次に、コーキングを新しく充填していきます。

 

今回使用したコーキング材は、オートンイクシードです。

 

オートンイクシードはいつできたの?

オートンイクシードは、2014年に「オート化学工業」によって発売され始めました。

当初は「イクシード15+」という商品名でした。

この「15+」は、15年以上の耐久性があることを意味していました。

現在では、改良が加えられた結果、施工性の向上とともに耐久性が30年となりました。

そこで「15+」という表記が消えて「オートンイクシード」という商品名になりました。

 

オートンイクシードの耐用年数は何年?

オートンイクシードはなんと、30年の耐久年数を誇っています。

通常のコーキングの耐用年数が10年前後であることを考えると、かなり高耐久であると言えます。

2014年に発売されたため、まだ実績はありません。

 

しかし、実証実験によってその耐久年数の長さは実証されています。

ひとつは、JIS規格で「9030」に分類されています。

この数値は大きいほど紫外線劣化を起こしにくく、また追従性(衝撃への耐えやすさ)が失われにくいことを表します。

一般的に販売されているコーキング材のほとんどが「8020」までですので、オートンイクシードはかなり優れていることになります。

 

 

また、引張試験(物体を引っ張ってその伸びや最大荷重を測定し、引っ張り強さを測定する試験)で12000回以上耐えることができるという実証結果が出ています。

引用:「オートンイクシード」カタログ

 

これらのことから、オートンイクシードは高耐久のコーキング材であることが実証されています。

 

 

【関連記事】

【コーキング】オートンイクシードとは|超高耐久のシーリング材

 

 

次に、ベランダ防水の塗装を行います。

まずは中塗りを行います。

 

次に上塗りを行います。

 

今回使用した塗料は、プルーフロンです。

アクリルウレタン樹脂の特性を生かした標準的なトップコートで、弾力のある塗膜を形成し、耐候性に優れた高光沢の仕上がりが得られます。

 

最後に、雨樋の塗装を行います。

 

今回の作業はこれにて終了です。

診断・お見積もりはサニー建設商事へ

今回は、佐賀市神園I様邸のベランダのトップコート塗装と、オートンイクシードでコーキングの打ち替えを紹介しました。

弊社では、無料外壁診断を行っております。

外壁や屋根、その他の付帯部の劣化が気になっている方は、ぜひお問い合わせください。

以上、佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」でした。

関連する記事

お問い合わせはこちら

リフォームローン