佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのサニー建設商事です

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

笠木(かさぎ)って何?なぜ必要なの?雨漏りの原因となるケースについて解説

外壁塗装 佐賀市 塗るばい さにけん サニケン サニー建設商事 ぬるばい 佐賀県 塗装 屋根塗装 サニー建設商事 ベランダ 笠木 どこ

こんにちは、佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」の江川です。

今回は、お家の笠木(かさぎ)についての内容です。

 

そもそも、「笠木(かさぎ)って何?」「笠木(かさぎ)ってどこ?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

笠木とは、上の写真のように、ベランダやバルコニーの手すりの所に取り付けられている仕上げ材のことを言います。

そのほかにも、階段の手すり部分や、塀や門柱(もんちゅう)の上部に取り付けられている場合もあります。

外壁塗装 佐賀市 塗るばい さにけん サニケン サニー建設商事 ぬるばい 佐賀県 塗装 屋根塗装 サニー建設商事 ベランダ 笠木 どこ

今回は、この笠木部分について、

笠木はなぜ必要なの?

ベランダの笠木の交換や塗装っていくら?

などの疑問についてご説明していきたいと思います。

ぜひご覧ください。

 

笠木の役割

笠木の1番の役割は、外壁やブロックを腐食などの劣化から守ることです。

ベランダやバルコニーの壁面は常に外気にさらされており、風雨の影響を受けます。

その分、雨垂れや腐食、それによる雨漏りなどにつながる可能性があります。

そこで、笠木を取り付けることで、壁面に直接劣化が及ぶのを防ぐことができます。

 

そのほかにも、シンプルに見た目やデザイン性を高める役割もあります。

ベランダの笠木ももちろんですが、特に塀や門柱(もんちゅう)の笠木をこだわることで、おしゃれな雰囲気を演出することができます。

 

雨漏りの原因となる箇所

引用元:https://wadachi-kenchiku.com/ym/kg/

 

実は、笠木が雨漏りの原因となるケースは少なくありません。

ここからは、笠木からの雨漏りの原因となる箇所ついて説明していきます。

 

ビスや釘の隙間

一つ目は、ビスや釘の隙間です。

引用元:https://bit.ly/3KRQ9Yo

この釘の打ち方を、人間の頭にたとえて脳天打ちと言いますが、この方法だと、錆などの劣化が進行すると隙間から雨水が侵入しやすくなります。

新設時はビスを固く打ち込んでシーリング材が充填されているため、即座に雨水が侵入する心配はないのですが、時間の経過とともにシーリングが劣化し、埋め込まれたビスに緩みが生じます。

そうすると、緩んだビスの間から雨水が侵入し、雨漏りを引き起こすことにつながります。

また、笠木部分はほぼ水平のため、雨水が上部に溜まりやすいことから錆びやすく、注意が必要です。

上の写真のように、手すりを設置する際、笠木の上に直接ビスを脳天打ちしているパターンは、雨漏りの原因となることが多いため注意が必要。

 

ジョイントのシーリング部分の劣化

二つ目は、ジョイントのシーリング部分の劣化です。

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り | 神戸市で屋根工事・雨漏り補修なら街の屋根やさんにお任せください!

引用元:https://www.yaneyasan13.net/kasagi

笠木の設置に複数枚の金属が用いられている場合、金属板同士の間に隙間が生じます。

そのため、雨水が侵入しないように隙間をシーリング材で充填します。

しかし、年数の経過とともにシーリング材が劣化し、雨水の侵入、雨漏りへとつながります。

シーリングの劣化の原因は紫外線や風雨、温度差の影響で膨張と収縮を繰り返すことなどがあります。

およそ5年〜10年で劣化するため、この期間を目安に補修を行うことをお勧めします。

 

笠木の浮き

三つ目は、笠木の浮きです。

笠木は、紫外線や高い温度の太陽熱などの影響により変形することがあります。

その結果笠木が浮いてしまうと、その隙間から雨水が侵入することにつながります。

 

笠木から雨漏りするとどうなるのか

笠木から雨水が侵入すると、その下にある居間や軒下天井などのボードを傷めるといった被害が出て、住宅全体の劣化へと繋がってしまいます。

さらに、シロアリの発生につながる可能性もあるため、劣化を見つけた場合は早めの対処を行う方が良いでしょう。

 

笠木の劣化症状別のメンテナンス方法と費用

色褪せや剥がれ:防サビ塗装

塗膜が色褪せたり剥がれたりしている場合は、防錆機能がなくなりつつあることのサインになります。

この場合は、防錆塗装を行うことで解消します。

費用は、約800円/mくらいです。

外壁塗装 佐賀市 塗るばい さにけん サニケン サニー建設商事 ぬるばい 佐賀県 塗装 屋根塗装 サニー建設商事 ベランダ 笠木 塗装

 

コーキングの劣化:コーキングの打ち替え

上でも説明した通り、コーキングが劣化すると、その隙間から雨水が侵入することにつながります。

コーキングが劣化している場合は、取り除いて新しいコーキングに打ち替えることで解消します。

費用は、コーキング充填が約900~1,200円/mと、既存のコーキングの撤去代として約1~3万円くらいかかります。

 

笠木の浮き:笠木の交換

笠木が浮いている場合、塗装では対処が難しいです。

そのため、笠木そのものを交換することで解消します。

ただし、笠木の交換は塗装よりも費用がかかるため、そうなる前に塗装を行うことをお勧めします。

費用は、約2〜4万円/mくらいかかります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は笠木について、

笠木の役割

雨漏りの原因となる箇所
ビスや釘の隙間
ジョイントのシーリング部分の劣化
笠木の浮き

笠木から雨漏りするとどうなるのか

笠木の劣化症状別のメンテナンス方法
色褪せや剥がれ:防サビ塗装
コーキングの劣化:コーキングの打ち替え
笠木の浮き:笠木の交換

について解説しました。

 

また、弊社では佐賀県佐賀市を対象に、笠木の塗装や交換を承っております。

塗装の見積もりをしたい方や、塗装についての資料請求をしたい方は、ぜひお問い合わせください。

以上、佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」でした。

関連する記事

お問い合わせはこちら

リフォームローン