スタッフブログ

外壁塗装や屋根塗装に関する情報を発信!

外壁を下塗り・中塗り・上塗り後、軒下天井を塗装【施工日記】佐賀市開成O様邸 4月8日

2022.06.06

施工日記

はじめに

こんにちは。

佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」です。

本日は、佐賀市開成O様邸の4月8日の施工の様子を紹介していきます。

今回は、外壁を下塗り・中塗り・上塗り後、軒下天井を塗装を行いました。

 

施工の様子

まずは、外壁の塗装を行います。

下の写真のように、ローラーを使って丁寧に塗装していきます。

 

次に、軒下天井の塗装を行います。

 

軒下天井(軒天)の種類

軒天は、サイディング壁の家に使われる「ボード」とモルタル壁の家に使われる「外壁一体型」の、二つのタイプに分けることができます。

モルタル壁の場合は、外壁材と同じ素材で仕上げられる「外壁一体型」になることが多いため、ここでは「ボード」の種類について説明していきます。

↓ボード型

佐賀市 外壁塗装 さにけん サニケン 塗るばい サニー建設商事 軒天 

 

1つ目は、合板・ベニヤ板です。

合板・ベニヤ板(カラーベニヤ)とは、築30年を超える昔ながらの住宅でよく用いられていた軒天です。

施工性が高く安価であるというメリットがある一方で、耐久性や耐水性、耐火性に劣るというデメリットがあるため、近年ではほとんど用いられていません。

 

そのため、現在合板・ベニヤ板を使っているという方は、安全性の面から考えて、現在主流となっているケイカル板に張り替えることをお勧めします。

 

2つ目は、ケイカル板(けい酸カルシウム板)です。

ケイカル板は、現在最もよく使われている軒天の素材です。

少し昔のケイカル板にはアスベスト(※)が含まれている可能性があったり、カラーベニヤに比べると料金は少し高かったりするというデメリットはありますが、耐火性や耐水性、断熱性に優れていたり、デザイン性やカラーバリエーションに富んでいるというメリットがあるため、近年では最もよく使われています。

※アスベスト・・・天然に産する繊維状けい酸塩鉱物。肺線維症や悪性中皮腫を引き起こすと言われている。

 

関連記事:わが家の壁にもアスベストが!?

佐賀市 外壁塗装 さにけん サニケン 塗るばい サニー建設商事 軒天 

 

3つ目は、金属(スパンドレル)です。

これは金属製の軒天の一つで、ビルやマンション等の比較的大きな建物の軒天として使用されています。

 

4つ目は、エクセルボードです。

これは、主にハウスメーカーで使われている軒天材で、「スラグ」と呼ばれる鉱物の一種に石膏を混ぜて作られていることから「スラグ石膏板」とも呼ばれています。耐火性や断熱性に優れているというメリットがありますが、ケイカル板と比べると耐水性に少し劣るというデメリットもあります。価格はケイカル板と同じくらいと考えて貰えば問題ないです。

 

5つ目は、フレキシブルボードです。

スレート、スレートボード、セメント板とも呼ばれ、セメントと補強繊維から作られたボードです。

衝撃や湿気に強いため、経年劣化による反りなどが起こりにくいというメリットがあります。

軒天材の中では最も高価な建築材の一つです。

 

 

今回の作業はこれにて終了です。

 

診断・お見積もりはサニー建設商事へ

今回は、佐賀市開成O様邸の外壁を下塗り・中塗り・上塗り後、軒下天井の塗装を紹介しました。

弊社では、無料外壁診断を行っております。

外壁や屋根、その他の付帯部の劣化が気になっている方は、ぜひお問い合わせください。

以上、佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」でした。

診断無料お問い合わせ

下記フォームへ必要事項をご記入の上、送信ください。

    お名前必須
    電話番号必須
    住所任意
    お問い合わせ内容任意

    個人情報のお取扱いについて個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい

    塗装に関するお困りごとが
    ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください!

    専門資格を保有したスタッフが
    丁寧にお答えします。
    塗るばい(株式会社サニー建設商事)
    代表取締役社長 中津隈 裕

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)