スタッフブログ

外壁塗装や屋根塗装に関する情報を発信!

【施工日記】色あせていたスレート屋根と外壁の塗装

2021.02.14

施工日記

はじめに

こんにちは。
サニー建設商事の酒井です。
今回は佐賀市鍋島 S様邸の、色褪せしていたスレート屋根と外壁の塗装工事を紹介していきます。

施工前の写真

こちらが施工前の写真です。

施工の様子

1.下塗り

高圧洗浄機で屋根のコケや汚れを落とした後に、下塗りをします。

 

下塗りは、中塗り・上塗りの下地となることで接着力を高め、耐水性を強くする役割があるため、塗装の中で最も大切な作業になります。下塗りをせずに中塗り・上塗りをしてしまうと、外壁材に直接塗装をすることになってしまうため、外壁材が傷んでしまいます。

今回の屋根の種類は「スレート屋根」です。軽くて薄いというメリットがある反面、強度が弱く割れやすいというデメリットもあります。スレート屋根の耐久年数は15年から20年程度となっています。ただし雨水や紫外線により、一般的な耐久年数よりも早く劣化する場合もあるため、スレート屋根を長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが必須となります。

2.中塗り・上塗り

中塗りと上塗りは、基本的に同じ塗料を用います。中塗りによって下塗りと上塗りの密着性を高め、上塗りによってさらに美観に加え、耐久性を高める役割です。

こちらが中塗りの様子です。

こちらが上塗りの様子です。これで屋根の塗装は完成となります。

施工後の写真

屋根がとてもいい色合いになりましたね!屋根や外壁の塗装に興味がある方、ぜひお声がけください!

おわりに

今回は、佐賀市鍋島 S様邸の屋根の塗装の様子を載せました。次は外壁塗装の様子を載せていくので皆様ぜひご覧ください!

診断無料お問い合わせ

下記フォームへ必要事項をご記入の上、送信ください。

    お名前必須
    電話番号必須
    住所任意
    お問い合わせ内容任意

    個人情報のお取扱いについて個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい

    塗装に関するお困りごとが
    ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください!

    専門資格を保有したスタッフが
    丁寧にお答えします。
    塗るばい(株式会社サニー建設商事)
    代表取締役社長 中津隈 裕

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)