スタッフブログ

外壁塗装や屋根塗装に関する情報を発信!

台風でも足場は大丈夫なの?

足場にとって、最も脅威となるのが「強風」です。特に台風シーズンは足場屋が最も警戒する時期で、世間的にも足場の倒壊事故が増える時期となります。台風時期以外も、木枯らしや春一番などの強風シーズンがあります。

↓雨漏り修理について気になる方はこちら↓

足場が倒壊する理由

そもそも、足場が倒壊する理由は、

① 足場の強度が不十分
② 建物からの控え(足場を補強する手法のこと)が不十分
③ 強風対策をほとんど行っていない

この3つがほとんどの理由になります。

足場の種類や規模によっても強度の出し方はそれぞれですが、この3つに対しての対策ができていれば、通常時はまず倒壊の心配はありません。

具体的な対策とすればそれぞれ以下の通りです。

① 足場の強度をより高くするための補強をすること
② 控えを増やすことまたは強い控えに変えること
③ メッシュシートを畳む

これらのうち、①の補強の例として、最も簡単で効果の高い対策が親綱を張るというものです。
親綱とは、写真のような、両端にフックの着いたロープのことで、足場が現状以上に外に広がらないように引っ張るためのものです。

次に、手間はかかりますが、効果の高いものが、③のメッシュシートを畳む、です。
足場において、最も風の力を受けるのは、実は足場自体ではなく、周りに張ってあるメッシュシート(ネット)です。メッシュシートは、全く風を通さないわけではないですが、面積が大きいため、風の影響を受けやすいのです。

メッシュシートは足場に止められているため、メッシュシートが風を受け、その力で足場が持っていかれてしまうと、足場の倒壊につながります。そこで、風の力を受ける「屋根より上」「四隅」を中心にメッシュシートを畳んでしまうことで、風からの力を受けないようにするというのが、メッシュシートを畳むという強風対策です。メッシュシートのたたみ方には、「上部だけ三角形に絞る」、「上部を折り返す」、「四隅を畳む」、「全て畳む」といったやり方があります。

こういった強風対策をすることで、少しでも風の抵抗を減らし、足場を倒壊させないようにしています。

万が一倒壊してしまったら?

これらの対策を十分に施したとしても、万が一ということはあり得ます。

その際もサニー建設商事ではお客様にご迷惑をおかけすることがないように、十分な保険をかけております。

秋は台風シーズンですが、お客様に安心をお届けできるように丁寧な仕事、丁寧な対策で向き合わせていただきます。

 

↓雨漏り修理について気になる方はこちら↓

診断無料お問い合わせ

下記フォームへ必要事項をご記入の上、送信ください。

    お名前必須
    電話番号必須
    住所任意
    お問い合わせ内容任意

    個人情報のお取扱いについて個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい

    塗装に関するお困りごとが
    ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください!

    専門資格を保有したスタッフが
    丁寧にお答えします。
    塗るばい(株式会社サニー建設商事)
    代表取締役社長 中津隈 裕

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)

    通話無料 今すぐ電話でご相談

    0120-00-2681

    受付/10:00~18:00
    (火曜定休/年末年始・お盆休み)