佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのことなら「さにけん」サニー建設商事へ

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

外壁塗装は下塗りが重要

外壁塗装はただ塗料で塗れば良いというわけではなく、塗料がもつ効果を最大限に活かすために正しいやり方で行わなければなりません。

その中で最も重要なのが「下塗り」です。

今回はこの下塗りについて詳しく解説します。

下塗りは外壁塗装においてとても重要

外壁塗装では基本的に3回塗装を行います。下塗り、中塗り、上塗りと、同じ箇所を3回塗ります。ほとんどの場合、基本的に塗り回数は3回となります。

最終的に上塗りで塗装されたものが外に現れ、塗膜を張るので直接的には上塗りが外壁塗装の主役となるわけですが、その上塗りも下塗りが丁寧に行われなければその耐久性などの効果を発揮できません。

下塗りが塗装の耐久性の鍵

外壁塗装を行うのは、基本的には劣化した外壁や屋根です。

経年劣化した外壁にいきなり上塗り用の塗料を塗ったとしても、塗料が外装材に吸い込まれてしまってムラができたり、外装材との相性が悪ければすぐにダメになったりすることがあります。下塗りを手抜きするとすぐに劣化してしまった例もございます。

そうならないために下塗りを丁寧に行う必要があります。

一般の外壁塗装業者は基本である下塗り工程をきちんと行ってくれますが、手抜き業者や悪徳業者はそういったものを省略して工期を短くしようとする場合もあるので、そういう業者を見極めるためにも見積内容に下塗りがきちんと含まれて説明してくれるかを確認しましょう。

下塗り塗料の使い分け

下塗り塗料は家の状態や材質によって使い分けます。また、上塗り塗料との相性もあります。仕上げ塗りで使われる上塗り作業塗料には、水性塗料、弱溶剤型塗料、溶剤型塗料といった塗料タイプの違いのほか、断熱塗料、特殊塗料といった機能型塗料がありますが、それぞれに適合している相性の良い下塗り用塗料を選択しなくてはなりません。

下塗り作業前のチェックポイント

下塗りは仕上げの塗料性能をより高めるために行われる大切な工程ですが、外壁そのものの状態が万全でなければいくら下塗りをやったとしても意味がありません。

塗装の手抜きを防ぐためにも、下塗り作業前のチェックすべきポイントを押さえておきましょう。

1:高圧洗浄する

外壁塗装では、強力な業務用の高圧洗浄機で外壁を洗浄します。

どの外壁も塗装が必要な時期になっていれば当然、長年の汚れが蓄積しており、汚れやカビがこびりついて通常の水洗いでは取れなくなっていることもあります。

この汚れやカビを無視したまま外壁塗装をしてしまうと、塗装の耐久年数は著しく落ちます。

外壁・屋根下地に異物が残ったまま塗装しても、下塗り・上塗り塗料が外壁に密着できず最終的に剥がれや膨れなどの施工不良を引き起こします。

あるいは、養生をする時のテープも汚れで剥がれやすくなり作業効率自体も低下してしまいます。業者から外壁塗装の工程表をもらったときは、下地調整の前に必ず高圧洗浄が予定されていることを確認し、作業後は1~3日の乾燥期間が設けられていることも忘れずにチェックしておきましょう。

2:下地処理に時間をかけているか

壁には経年劣化でヒビや亀裂ができていることがありますが、これらを残したまま塗装をしても亀裂は消えません。

亀裂が残ったまま塗装された外壁は、塗料がそこだけ浮いてしまい剥がれなどの施工不良を引き起こすほか、雨水が外壁材の内部に浸水する可能性も高くなります。ですので建物の防水性・防カビ性を高めるという点でも、下地処理は特に重要な工程です。鉄部のケレン作業(鉄部の錆びを落とす作業)やコーキング(ボード同士を繋ぐ目地)補修も行われているか見積内容から確認しましょう。

塗装における下塗りは、塗料の効果を高めて外壁の耐久性を長持ちさせるためにも欠かせない工程です。

業者に見積書を作ってもらうときは、下塗り塗料のメーカー名や塗料名までしっかり書いてもらい、確実に下塗りが行われていることを確認しましょう。

 

 

タグ:

お問い合わせはこちら