佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのことなら「さにけん」サニー建設商事へ

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

外壁塗装と勘定科目、および減価償却について

外壁塗装だけでなくリフォーム費用を経費にする際には「減価償却」という方法を用いて計上します。

外壁塗装と減価償却について

事業に使う建物の外壁塗装をする場合は確定申告が必要です。

外壁塗装をした場合、経費を計上する際の分類方法は「修繕費用」と「資本的支出」の2つです。

中でも、「資本的支出」に該当する場合は1度に経費計上ができないため減価償却が必要となります。
それぞれ勘定科目が異なるため注意しましょう。

確定申告の際の勘定科目

外壁塗装を経費にする際の勘定科目は「修繕費」と「建物(資本的支出)」の2つです。

修繕費

外壁塗装を収益的な支出と判断する場合は勘定科目が「修繕費」となります。
収益的な支出とは「一部分の修繕」や「壊れた部位を直す」際の選択肢です。

例えば、

  • 雨漏り修理
  • 災害によって破損した部位の修繕
  • 外壁のひび割れ補修

あくまで一部分の修繕にとどまる工事の場合は修繕費で処理します。

建物(資本的支出)

資本的支出と判断する場合、勘定科目は「建物」を選びます。
「外壁のデザイン変更」や「建物の資産的価値を高める工事」が該当します。

勘定科目を「建物」で計上する例としては「全面的な外壁塗装」や「遮熱塗料の利用」などがあります。
一見遮熱塗料は修繕費じゃないと思われますが、実際には屋根の性能を向上させるための特別な塗料になるのです。他に「光触媒」や「断熱塗料」を新たに使う際も勘定科目は「建物」となります。

金額的な基準

外壁塗装の費用は資本的支出かどうか判別しにくい場合もあります。
次の条件に当てはまるものは資本的支出だとしても修繕費として計上可能と覚えておきましょう。

  • 支出額が20万円未満の場合
  • おおむね3年以内の周期で修理や改良が行われている場合

この他に「資本的支出か修繕費かがはっきりしない場合」であれば、以下の条件のどちらかを満たせば修繕費となります。

  • 支出額が60万円未満の場合
  • 修理、改良等に係る固定資産の前年12月31日における取得価額の約10%相当額以下である場合

上記の2つは、外壁を全面的に塗り替えるといった「明らかに資本的支出である」場合は適用できないと考えてください。あくまで、修繕費と資本的支出の判断がつかない場合に適用できる条件です。

また、塗装費用の全額を修繕費としなければいけないわけでもありません。
費用の一部分だけが資本的支出である場合は、外壁塗装工事でも修繕費と資本的支出にわけて計上する必要があります。

例としては、外壁の一部補修と屋根の遮熱塗装を同時におこなった場合です。こういった場合は一部補修が修繕費、屋根の遮熱塗装が資本的支出だと考えられます。

修繕費のメリットとデメリット

修繕費のメリットは、当期に一括で計上できることです。
一括で計上することで翌年以降に減価償却する手間が省けます。

また、多くの金額を稼いだ年に「修繕費」で外壁塗装を計上すれば、所得額を低くして納税額を抑えることが可能です。

一方で修繕費のデメリットは、外壁塗装が必ず修繕費として計上できるわけではないことです。修繕費の金額には上限がありませんが、資本的支出に該当する工事だと原則として20万円未満しか計上できません。この金額以上の外壁塗装費用は修繕費として計上できないため、基本的には減価償却しなくてはいけません。

減価償却のメリットとデメリット

減価償却のメリットは、赤字を抑制できることです。
修繕費として一度に計上すると、その年の損益が赤字となる可能性があります。

一方で、減価償却なら複数年で費用計上できるため、1年あたりの負担額は少なくてすみますし、負担額を少なくできるということは黒字にしやすいということでもあります。

銀行に事業融資を依頼する際に業績を高く見せられるため、融資が通りやすくなるというメリットもあります。

逆に減価償却のデメリットは費用を一括で計上できないので、翌年以降にも経費を計上する必要があり、他にも減価償却をしている項目があると赤字になりやすくなるというデメリットもあります。。

他のデメリットとして、税務処理が面倒という問題があります。
一度に経費として計上できる修繕費と違って、減価償却の場合は毎年計上しなくてはいけませんし、償却期間も調べなくてはいけません。

償却期間とは、減価償却するための年数のことです。

減価償却のデメリットとして償却期間を自分で決められないという点もあげられます。償却期間は国税庁が定めています。「3年で減価償却したい」「15年かけて償却したい」と考えていたとしても自分で期間を選ぶことはできません。

まとめ

外壁塗装の資本的支出での減価償却の年数は法定耐用年数と同じです。

また、資本的支出だとしても外壁塗装の費用が20万円未満であるのなら「修繕費」として一括で計上が可能です。
20万円を超える「資本的支出」だと修繕費にはできないため減価償却が必要となります。

外壁塗装の償却年数は塗料自体の耐用年数ではなく、建物の法定耐用年数が当てはまるためお間違えないように気をつけてください。

また、屋根の雨漏りは火災保険が適用できる可能性がありますのでチェックしておいてください。

 

タグ:

お問い合わせはこちら