佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのことなら「さにけん」サニー建設商事へ

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

外壁塗装の保証について

外壁塗装工事は、数十万円から百万円以上と非常に高額な工事なので、施工完了後の保証内容もしっかりと確認しておく必要があります。

しかし、外壁塗装の保証は電化製品の保証とは異なり外壁塗装業者によって様々なものがある上に、その対象や期間も本当にまちまちです。

保証期間はもちろん長い方が良いのですが、問題は工事完了後、どのような不具合が保証対象なのかという内容の部分です。

様々な外壁塗装の保証についてまとめていきたいと思います。

外壁塗装保証の種類

どのような保証の種類があるのかを確認しましょう。

自社独自の保証

外壁塗装の工事を行った業者が自ら保証するタイプの保証です。独自保証、オリジナル保証などと名前をつける業者もいます。

自社保証というのは、それぞれ良かったり悪かったりです。

本当にお客様の事を考えた保証を行っている地域密着型の塗装業者は安心です。

塗装が剥がれてしまうかもしれない、というお客様の心配を考えて保証をつけているところや、定期的に外壁の様子を見に来てくれて、小さい部分の補修がないか、不安なことがないかなどを聞いてきてくれる所もあります。

一方で受注をとりたい一心で中身のない自社保証を大げさに勧めてくる業者も多く存在します。20年保証、15年保証など、魅力的な保証期間を提示してくるのにもかかわらず、それをよく読むと保証があってないようなものもあります。

どこを保証するか、どういう状態を保証するかが大事

あまり保証できないのに「保証します!安心です!」とアピールしてくる業者はたくさんいます。

外壁塗装の保証で重要なのは、「どの部分を保証してくれるのか」と「塗装のどういう状態を保証してくれるのか」です。

 

どこを保証してくれるか・・外壁部分・屋根部分、木部、鉄部分

どういう状態を保証するのか・・塗膜の剥がれや膨れ、変色

どれくらいの期間保証してくれるか・・5年、10年、20年?

木部や鉄部の保証をしてくれるか

「木部と鉄部を保証してくれるか」は非常に大事です。

あまりよくない業者の例として「外壁の剥がれを10年保証します!」という言い方をします。しかし外壁から塗料が剥がれ落ちるなんていうのは滅多にありません。あったとしたら、そもそも高圧洗浄や下地処理などの基本をしっかりしていないか、下塗りを塗っていないぐらい酷い塗装をしていない状態でしょう。

保証する部分として重要なのは木部と鉄部で、剥がれ落ちるなどのトラブルがあるとしたらこの部分である事が多いです。それを見越して、「外壁部分は10年、木部・鉄部は5年保証」というように部分によって期間をかえる場合もあります。

変色は対象外が多い

外壁は紫外線が当たり続けるため、塗料の変色はどうしても避けられないです。それ故、変色は対象外なことが多いです。

30年保証はありえない

15年、20年、30年など超長期保証をつけてくる業者がいれば皆様は少し冷静にその内容を見てみてください。メーカーの期待している耐久度を超える保証をするというのは本来あり得ません。

そのような保証をしているメーカーは冗談抜きで15年後にはもうないか、保証を受けるハードルが非常に高い為、15年と言いながら全く保証してもらえないかのどちらかだと思います。全ての超長期保証をする業者は悪い業者だという意味ではないのですが、良くない業者である可能性はありますのでご注意ください。

その業者が倒産したら?

倒産した業者は保証出来ません。

しかし、業者が組合などの第三者保証に加入していた場合は、倒産していたとしても保証を受けられる場合があります。次の加盟団体の保証をご覧ください。実質的に良い保証が以下の団体・組合の保証となります。

建築産業専門団体連合会(建専連)「長期性能保証制度」

建築産業専門団体連合会は、外壁塗装や内装工事などのリフォームをはじめとする専門工事の39団体から構成される国土交通省が管轄の連合会です。外壁塗装業者だけではありませんが、所属事業者は約60,000社以上と非常に多いのが特徴です。

多くの業者が加盟しているおかげで保険料が安くなっているので保険料を支払っていれば保証を受けられます。みんなで一つの保険に入っているので一人の価格は安い、というイメージです。

この保証は、「塗装がはげたら塗り直しますよ」というものではなく、「業者のミスが原因で施工後に問題が発生した場合の補修等で発生した費用の補償」なので、微妙に意味合いが違います。業者が加入する保証なので、消費者としてはあくまで業者が入っている保証で直してもらう、という事になります。

それ故、業者の施工に問題がない場合はこの保証制度は使えません。しかし、問題ない施工であれば、塗料は力を発揮し、期待耐久年数に近い年数の間、品質を保ってくれるでしょう。

また、全額支給される保証ではないので、金額の一部を業者が支払う必要があります(工事やり直し費用の補償の為、客側に支払い義務はないものと思われます)。

施工した業者が倒産してしまっていたとしても施工後から10年間は受けられる保証なので、万が一の時でも安心出来ます。その際は金額の一部をお客様側が支払う必要があります。

日本塗装工業会(日塗装)「ペインテナンス」

比較的実用的な保証です。

日本塗装工業会は、建設塗装業者約2,350社からなる団体で、唯一の全国的な塗装工事業者団体です。

外壁塗装をお願いした業者がこの団体に入っていた場合、品質保証書を発行してもらえます。これがペインテナンスという制度です。

その品質保証書に記載されている通りの保証を受けられます。どれくらいの期間、保証が受けられるかというのは非常に細かく定められており、工事を行う前に、工事で使う塗料などから保証期間を確認しておきましょう。

例えば、「塗装箇所が窯業系サイディングの外壁で、2液型弱溶剤シリコン樹脂塗料を使用した海岸部の住宅の場合は保証期間は3年で、剥がれ・膨れ、極度の変退色に関して保証する」という具合です。

また、施工した業者が倒産していた場合でも最長5年のアフターケアを受けることが出来ます。

保証の免責事項について

ほとんどの場合に保証を受けられない免責事項についてご紹介します。施工完了後に起こった事が以下の原因の場合、だいたいの保証制度で保証が受けられません。

  • 地震、噴火、洪水、津波、台風、暴風、竜巻、豪雨、地盤沈下などの自然現象が原因の場合
  • 火災、爆発、落雷、などの外部要因が原因の場合
  • 戦争、内乱、労働争議、暴動などが原因の場合
  • 保証対象部位以外の損傷
  • 工事請負業者以外の作業が原因の場合
  • 家の所有者の不適切な使用方法等による原因の場合
  • 施主の指示が原因の場合
  • 施主が使ってと頼んだ資材の場合
  • 建物の構造上の欠陥による場合
  • 業者以外が原因の場合(虫・ネズミなどの動物など)

サニー建設商事にお気軽にご相談ください。

さにけん、サニー建設商事は地元佐賀市に特化した地元密着型の塗装業者です。佐賀市に住まれるお客様が快適に毎日をお過ごしいただけるよう、丁寧な説明と施工を心がけております。

外壁塗装の無料資料もお送りしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

タグ:

お問い合わせはこちら