佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのサニー建設商事です

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

笠木をケレンしたのち、塗装【施工日記】佐賀市川副町M様邸 4月18日

はじめに

こんにちは。

佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」です。

本日は、佐賀市川副町M様邸の4月18日の施工の様子を紹介していきます。

今回は、笠木をケレンしたのち、塗装を行いました。

 

施工の様子

まずは、手すりの下のケレンを行います。

 

次に、笠木の1回目の塗装を行います。

 

次に、笠木の2回目の塗装を行います。

 

笠木の劣化症状別のメンテナンス方法と費用

1つ目は、色褪せや剥がれです。

色褪せや剥がれに対しては、防サビ塗装を行います。

塗膜が色褪せたり剥がれたりしている場合は、防錆機能がなくなりつつあることのサインになります。

この場合は、防錆塗装を行うことで解消します。

費用は、約800円/mくらいです。

外壁塗装 佐賀市 塗るばい さにけん サニケン サニー建設商事 ぬるばい 佐賀県 塗装 屋根塗装 サニー建設商事 ベランダ 笠木 塗装

 

2つ目は、コーキングの劣化です。

コーキングの劣化に対してはコーキングの打ち替えを行います。

上でも説明した通り、コーキングが劣化すると、その隙間から雨水が侵入することにつながります。

コーキングが劣化している場合は、取り除いて新しいコーキングに打ち替えることで解消します。

費用は、コーキング充填が約900~1,200円/mと、既存のコーキングの撤去代として約1~3万円くらいかかります。

 

3つ目は、笠木の浮きです。

笠木の浮きに対しては、笠木の交換を行います。

笠木が浮いている場合、塗装では対処が難しいです。

そのため、笠木そのものを交換することで解消します。

ただし、笠木の交換は塗装よりも費用がかかるため、そうなる前に塗装を行うことをお勧めします。

費用は、約2〜4万円/mくらいかかります。

 

【関連記事】

笠木(かさぎ)って何?なぜ必要なの?雨漏りの原因となるケースについて解説

 

最後に、手すりの塗装を行います。

 

ベランダ手すりの劣化症状

一つ目は、塗装の色落ち(チョーキング)です。

チョーキングとは、手すりを触ると白い粉がつくことで、白亜化現象とも呼ばれます。

これらの劣化を放置すると、さらに塗膜が劣化して塗膜の剥がれにつながる可能性があります。

このように、チョーキングや色褪せが見られる場合、それは劣化のサインです。

 

二つ目は塗膜の剥がれです。

塗膜が剥がれて下地が見えている状態だと、手すりの建築材そのものの劣化が進んでいる可能性があります。

この劣化を放置すると塗装だけではカバーできず交換しないといけなくなるため、早めの塗装をお勧めします。

 

三つ目はサビの発生です。

上の塗膜の剥がれに加えて、剥がれた内部の下地が錆びている場合、かなり劣化が進んでいると言えます。

軽度の錆であれば塗装でカバーできますが、サビの程度が酷くなってくると交換の必要性がでてきます。

 

【関連記事】

ベランダ手すりの塗装費用やDIYの注意点、劣化症状について解説

今回の作業はこれにて終了です。

 

診断・お見積もりはサニー建設商事へ

今回は、佐賀市川副町M様邸の笠木をケレンしたのち、塗装を紹介しました。

弊社では、無料外壁診断を行っております。

外壁や屋根、その他の付帯部の劣化が気になっている方は、ぜひお問い合わせください。

以上、佐賀市の外壁塗装・屋根塗装専門の工務店「サニー建設商事」でした。

関連する記事

お問い合わせはこちら