佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのことなら「さにけん」サニー建設商事へ

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

サイディングの塗り替え周期について

サイディングの塗り替えの詳しい時期や費用を知りたいと思っていませんか?

サイディングの塗り替えは、通常7~10年に一度行います。しかし、注意点や塗料の選び方を知らなければ、外壁の劣化を進めてしまう恐れがあります。今回はサイディングの塗り替えの注意点や業者の選び方、費用の抑え方を丁寧に解説します。

時期や費用、注意点などを知り、サイディングの塗り替えでより快適で美しい家に仕上げましょう。

サイディングの塗り替え周期

サイディングの塗り替えとは、サイディングボードの汚れを落とし、上から新しい塗装をすることです。主に、窯業系のサイディングに必要なメンテナンスになります。

サイディングの塗り替えは、通常7~10年に一度の周期で行うことが必要です。しかし、こんな症状が出てたらメンテナンスのサインなので注意して下さい。

  1. チョーキング
  2. 色褪せ
  3. カビやコケ
  4. クラック

これらのサインが出ているのに放置してしまうと、地震に弱くなったり、家が傾いたりしてきてしまう可能性がありますので、たとえ7~10年経っていなくても、早めのメンテナンスをおすすめします。

チョーキング

チョーキングが起きたら外壁のメンテナンスは早急に行いましょう。チョーキングとは、塗膜が劣化して、触れると手に粉がつくことをいいます。

見た目では分かりにくいですが、手で触れてみると分かるので試してみましょう。

色褪せ

色褪せは、外壁の劣化のサインです。外壁は紫外線によって色褪せが起きてしまいます。色褪せしている外壁は同時にチョーキングが起きていることも多いので、発見したら早めにメンテナンスを行いましょう。

カビやコケ

外壁にカビやコケが発生している場合も、メンテナンスのサインです。風通しの悪い場所日が当たりにくい場所にはカビやコケが生えやすいですが、カビやコケを放っておくと、雨が直接外壁に当たっている状態になります。そのため、外壁の塗装の劣化を促進させてしまうのです。

外壁の中で風通しの悪い場所や日の当たりにくい場所にカビやコケが発生していないかはマメに確認しましょう。

クラック

クラックとは、ひび割れのことです。サイディングにクラックが見られると、かなり傷みが進んでしまっています。サイディングに小さなひび割れがあるだけで、水を吸収してしまい、劣化に繋がります。地震の揺れにも弱くなるので、早急にメンテナンスをしましょう。

サイディングの塗り替えをする目的

7~10年というのはあくまでも目安です。もちろん塗料によって劣化のスピードは違うので、これら3つのサインが出ていれば、すぐに塗り替えを行いましょう。

「でも、塗り替えってどうしてしなければならないの?」と疑問に思う人も多いはず。そこで、塗り替えの目的と塗り替え以外の他のメンテナンス方法について説明していきます。

塗り替えの目的

サイディングの塗り替えの目的は、もちろんサイディングの劣化を防ぐためです。窯業サイディングの場合、サイディングの材質はセメントで、防水性を保つのは塗料となっています。塗装は、紫外線や雨風などからのダメージによって剥げてきてしまうのです。

塗料が剥げると、防水性が低下し、サイディングが腐食します。腐食によって、サイディング自体に水が入り込み、壁が反ってきてしまうのです。

そうなってしまうと、家が崩壊するの恐れが出てきます。このようにサイディングの劣化により家が崩壊することを防ぐためにも、サイディングの塗り替えが必要なのです。

他のメンテナンス方法

サイディングのメンテナンスは、塗り替え以外にも、張り替えと重ね張があります。張り替えとは、サイディングボード自体を剥がして、新しいサイディングボードに張り替えることです。サイディングボード自体の劣化がひどい場合に行います。

30~40年に一度はサイディングボードの劣化により張り替えを行うと家の耐性が高まります。一方、重ね張りとは、現在の外壁の上から新しく金属サイディングボードを張ることです。

張り替えと同じように、サイディングボード自体の劣化がひどい場合に行います。

信頼できる業者の選び方

DIYでは、塗り替えによるサイディングの劣化を防ぐことが出来ません。そうなると、やはり信頼できる業者に頼むことが大切です。

4つの選び方を参考に、信頼できる業者を見つけましょう。

知識や経験のある業者を選ぼう

しっかりとプロの知識や経験がある業者を選びましょう。具体的には、こちらから事前に質問をたくさんするべきです。

  • 「どのような工程で進めますか?」
  • 「どのような材料を使いますか?」
  • 「その材料は何故うちの家に向いてるのですか?」

など、さまざまな質問をして、納得のいく答えがもらえるかを見極めて下さい。

もし、あいまいな答えだったり、提案がないようでしたらその業者はやめておくべきです。「信頼できて頼れる!」と思える業者を選びましょう。

「自社独自開発」はNGワード!

独自開発をした塗料を使っているという業者には注意が必要です。特に「一度塗ると30年持ちますよ!」等と言い張る業者は嘘をついています。

現在はそういった塗料の開発はされていません。独自開発と言っている塗料も、ラベルを張り替えているだけの可能性が高いです。

複数の業者から見積書を出してもらおう

いろんな業者から見積書を出してもらいましょう。

「費用の比較をしたいので、他からも見積もりをとります」と言うと良いです。

その中から、あなたの家にとって一番いい業者と方法で施工をお願いするようにしましょう。

工程の写真を送ってもらう約束をしよう

工程ごとに写真を送ってもらう約束をしましょう。写真を送ってもらうことは、「作業をちゃんとしましたよ」という証拠です。

この約束を嫌がる業者は、手抜きをする可能性があります。「工程の進捗を写真で送ってほしいです」と伝え、快く了承してくれる業者を選びましょう。

まとめ

サイディングの塗り替えは、通常7~10年に一度行います。

時期や費用、注意点などを事前に確認し、サイディングの塗り替えでより快適で美しい家に仕上げましょう。

 

お問い合わせはこちら