佐賀市で外壁塗装・屋根舗装・雨漏り補修・防水工事リフォームのことなら「さにけん」サニー建設商事へ

佐賀市外壁塗装サニー建設商事

お客様満足度96%佐賀市で50年の実績

tel0952-29-1800

お見積はこちら

【塗装が雨漏り対策!?】塗装と雨漏りって関係あるの?

はじめに

以外と知られていませんが、塗装を行うことで雨漏りを防ぐことができる場合があります。
雨漏りとは、雨が屋根や壁に侵入して、そこから室内に漏れてくるという症状です。侵入する原因は様々ですが、メンテナンス不足がほとんどで定期点検などを行っておくことで未然に防ぐことができます。
雨漏りは放っておくと……、壁の中の木材が傷んだり腐ったりする原因になります。また、天井にシミができたり、部屋がカビ臭くなったり、白アリが発生したりする場合もあります。

そんなことになる前に!
雨漏り対策をしておきましょう。
今回は雨漏りと塗装について解説していきます。

※雨漏りの原因は様々なので、塗装すればOKというわけでもないですが、対策の1つとしては十分なものだと思います。

 

 

雨漏りと塗装?

実を言うと、塗装自体が雨漏りを防いでくれるわけではありません。塗装はあくまでも屋根を保護したり、外観を保つ機能などしかありません。
では、塗装を行うことがどう雨漏りと関係あるのかというと、塗装を行うことで屋根自体を強くし雨漏りしにくくすることができるのです。雨漏り対策になります。
なので、残念ながらすでに雨漏りしている家では雨漏り工事をしないと雨漏りは改善しません。雨漏りの対策として、塗装が効果があるというわけです。

一般的な家の屋根では、屋根材の下に防水シート(ルーフィング)を張ってあります。屋根材で雨を防げなくても、防水シートにより内部に雨が入らないようになってます。(一般的な雨漏りはこの防水シートが破れたり劣化していることが原因です。)

しかし、屋根材がひび割れしたり劣化していたりすると、防水シートが直に風雨や日光にさらされることになり、破れたり水が入って膨らんだりして劣化が早くなります。
そのため、屋根材自体が正常に機能していることが雨漏り防止に繋がるのです。

 

簡単にまとめると、、、

雨漏り対策
→防水シートを守るために屋根材を正常に機能させる
→定期的にメンテナンスして屋根材を保護する

なんでこんなにややこしいことを?と思う方もいるかもしれませんが、防水シートや屋根自体を交換する工事となると多額の費用が掛かってしまいます。そのため、屋根材を塗装することでコストパフォーマンスを良くしているのです。

 

※雨漏りの原因は防水シートだけではありません。
下でも解説しますが様々な要因があります。
最も重要なことは、塗装をすることではなく、定期的に点検・メンテナンスすることです!

 

 

自分でできる雨漏りチェック

自分の家の屋根が現在どんな状態なのか知る必要があります。

原因は様々です。正直な話をすると断定するのは難しいです。突風や強風、暴風雨、台風、竜巻などの影響で屋根が割れたり、屋根やくぎが浮きそこから雨水が侵入することがあります。また地震によって瓦や屋根材が割れたりずれたり、コーキングや漆喰が剥がれたり割れたりすることもあります。一方で、新築でも施工不良により雨漏りする可能性もゼロではありません。また、どうしても経年劣化により屋根材がサビたり、コケやカビが生え劣化したり、塗装が剥げることがあります。

そのため、定期的に点検・メンテナンスし未然に防ぐことが重要です。

 

屋根材がスレート・瓦の場合

  • →ひび割れ、割れ、スレートの浮き、瓦のずれなど

スレート屋根は定期的なメンテナンス(塗装など)が必要ですが、瓦はほとんど何もしなくても大丈夫です。しかし、そのため台風などで飛んできたものが瓦に当たり瓦が割れても確認せずにそのまま放置しているということもあります。注意が必要です。

 

  • →漆喰が剥がれていないか

瓦と棟(むね)の間には漆喰を使います。この漆喰が剥がれると剥がれた隙間から、雨風時に雨水が侵入します。2階から見える場合もありますが、見えない場所も多いです。

 

屋根材が金属の場合

  • →棟板金の浮き、釘の浮き

棟板金や釘の浮きが大きいと強風時に異音が聞こえることがあるのでわかりやすいかもしれません。確認することは個人でもできますが、修理は危険ですので業者に頼むようにしましょう。

 

コーキングの劣化や剥がれ

コーキングが劣化していたり、剥がれたりしていると内部に雨が侵入しやすい状況になっています。剥げはじめや少しひびが入った状況なら自分でも対処することが不可能ではありません。本やネットにもやり方は書いてあると思いますが、自分で修理する場合は自己責任で行うようにしましょう。
長期にわたり、コーキングの劣化や剥げを放置していた場合は内部が傷んでいる可能性があります。そのような劣化がひどい場合や、やり方がわからない、専門の人たちにやってもらった方がいいという方は、業者を見つけ依頼した方が確実だと思われます。

 

谷樋(とい)の劣化や不備

雨漏り発生部位としてはかなり高いと言われています。理由は、谷樋は雨水や雪が集中するので腐食が進行しやすいためです。谷樋は屋根が谷構造になる部分のことで、排水機能を持った屋根の部位です。屋根と屋根が複合する部分や屋根と壁が接合する部分に作られます。経年劣化により樋の歪みや変形から水溜まりができたり、樋の集水器にゴミがたまり排水ができず腐食していくことなど原因はいくつかあげられます。屋根自体は綺麗で劣化が見えなくても、谷樋が劣化していたり、施工不備によりうまく排水せず水溜まりができていることがありますので注意が必要です。

 

経年劣化・老朽化

経年劣化や老朽化は防きようがありません。ただしメンテナンスをすることで劣化の進行を緩めたり、未然に深刻な被害や大規模な工事を防ぐことは出来ます。
塗装の耐久性は塗料や屋根材の種類によって耐久性が異なります。耐久年数をあらかじめ把握しておき、その前に点検やメンテナンスを行うようにしましょう。

 

実際に私たちが屋根上で雨漏り調査をしている動画です!

 

 

対策する

一番の方法は定期点検&定期メンテナンスです。
点検をすることで、異常はないか先に知ることができ雨漏りを未然に防ぐことができます。屋根や外壁のメンテナンス(塗装)は定期的に必要です。雨漏りをしていなくとも塗装の耐用年数があるので、それに合わせて塗装を行っていくのが大事です。

コーキング程度の作業なら自分でもできるかもしれませんが、屋根の上での作業は危険です。あまりおすすめはできません。様々なことを考えると結果的に業者に頼む方が安くなる可能性が高いですし、安心できます。

 

YouTubeの方に、DIYで行う場合の塗装方法や注意点をまとめています。

 

 

まとめ

一番の雨漏り対策は事前に点検&メンテナンスをしておくことです。また屋根塗装を行うことで屋根自体が強くなります。雨漏りしてからでは遅いので、早めに対策するようにしましょう!

サニー建設では現在、外壁診断を無料で行っております!
外壁診断時には屋根に登り、2階の外壁のチェック、屋根のチェックも行います。その際に屋根の異常や雨漏りの危険性は報告書にまとめ、お渡しするようにしています。
この機会に外壁診断をしてみてはどうでしょう?
外壁の心配と一緒に屋根の問題も解決いたします!

 

外壁・屋根塗装のことならサニー建設!
佐賀市内にご住まいの方でしたら、是非ご連絡ください!!

タグ:

お問い合わせはこちら